転職した際に早くスタッフの一員となるために

看護師は転職が多い職業です。

また、看護師のスキルがあれば引っ越しで他の場所に行った際に看護師経験があることで職を見つけやすいということもあって、転職先の次の仕事でも看護師の職に就くことが多くなります。もっとも、本人が「次は看護師以外の職業に就くんだ!」と強い意志を持てばこの限りではありませんが。

さて、看護師の仕事は一般化されており他の職場に行ってもある意味使い回しが聞きます。しかしそれでも、職場によって考え方は変わってきますので全く同じではありません。

「前の職場ではこうだったのに」

という思いは転職当初は結構湧いてくるものです。前の職場の居心地がよければその分強く出てきがちです。

しかしそこは、郷に入っては合に従え、新しい職場ではその職場での仕事の進め方をいち早く覚えるようにしましょう。「前の職場はこのようにしていた」という発言は、結構嫌がられるものです。

前の職場でのやり方はどうだったのか、別途尋ねられたら応えるのは問題ありませんが、自分から、前の職場ではこうだったから改善したほうが良いということは避けましょう。知らないうちに煩がられ、看護師の仲間として扱われることに支障が出てきます。

今の職場でこのように仕事を進めるようになった経緯があるかもしれませんからね。前の職場のやり方を取り入れるのは、転職先で自分がある程度経験を積み、自分の裁量でいろいろな看護業務を判断できるようになってからでも遅くないはずです。もちろん、事故に関わる部分については、その限りではありませんが、それは、自分で判断して進めて下さい。

まずは新しい職場に早くなれること、それが看護師の転職先で仕事を長く続けるポイントでもあります。