看護師に求められるスキルについて

看護師に求められるスキルについてはいろいろありますが、中でも注目したいのはコミュニケーションスキルです。

看護師資格試験をパスするための知識や経験があることはもちろんですが、それに加えてコミュニケーションスキルは非常に重要視されるものです。何故なら看護師は医師や患者さんと接する機会がとても多い職業だからです。さらにその間を上手にとりもつことも仕事の一環になります。

よくあるパターンとして、患者さんが医師に対しては委縮してしまい患者さんの思いや考え、希望をつかえることが難しい場合があります。また、伝えたくても上手に伝えることができないというケースもあります。

昨今の医療の考え方はアドヒアランス的な概念が大切だと言われています。一昔前であればコンプライアンスだと言われていたものが今はアドヒアランスなのです。

患者さんと医師との間を取り持ち、治療において患者さんが納得して進めていけるようにするためにも看護師はその間を上手に取り持つことが求められるのです。

またそれぞれと適切にコミュニケーションをとっていなければ業務の遂行に差し支えてしまうからです。たとえば医師とのコミュニケーション不足は医療過誤を引き起こしかねませんし、患者さんとのコミュニケーション不足は信頼関係の構築に大きく関わります。

患者さんの気持ちに寄り添わなければ、その不安を解消したり疑問に答えることもできませんよね。病気を治すことだけが看護ではありません。患者さんの気持ちに寄り添うこともまた看護なのです。これができなければ患者さんの不安は解消されませんし、身体的な問題だけでなく精神的な問題を抱えさせてしまうことにも繋がりかねません。カウンセリングスキルと言い換えてもいいでしょう。とにかくコミュニケーションが大切な仕事であることは確かです。